アマチュアスポーツ選手とその家族のためのビザ(特定活動告示6号&7号)


アマチュアスポーツ選手とその家族(6号&7号)

プロスポーツ選手には在留資格「興行」が認められ、その家族には「家族滞在」が認められます。

しかし、プロ化がされていないスポーツの選手や実業団に所属する選手などのアマチュアスポーツについては在留資格「興行」は許可されませんが、要件を満たせば代わりに「特定活動」が許可されます。

6号でアマチュアスポーツ選手、7号でその家族が「特定活動」の対象になると明記されています。

詳しくは下記をご覧ください。

執筆者

特定行政書士、張国際法務行政書士事務所代表
1979年(昭和54年)生、東京都渋谷区出身。10代後半は南米のアルゼンチンに単身在住。
帰国後は在住外国人を支援するNPO団体にて通訳・翻訳コーディネーター&スペイン語通訳として勤務。
ビザに限らず広く外国人に関わる相談をライフワークとしています。
詳細なプロフィールはこちらをご参照ください。

お気軽にご相談ください!

簡単なご相談・費用のお見積りは無料です。些細なことでも分からない事、ご不明な点があれば、お気軽にメール又はお電話にてお問い合わせください。

メール:こちらの問い合わせフォームよりお問い合わせください。
電 話: 050-5806-9030(不在時は担当行政書士 張 正翼 080-7026-9030 より折り返します。)
面 談:面談でのご相談は有償にて承っております。面談をご希望のお客様はご予約の上、当事務所(中野)、または相談用会議室(大久保)、その他ご指定の場所(ご自宅、勤務先、喫茶店等)へ伺います(要相談・要出張旅費)。詳細は上記メール、又はお電話にてお問合せください。

※お急ぎの場合は有料の面談による相談(1時間/5,400円)、またはメールによる相談(1往復/5,400円)をご利用ください。

【免責事項】
本サイト掲載の記事の内容については誤りがないよう細心の注意を払っておりますが、本サイト掲載の記事に基づきご自身でなされた行為およびその結果については当事務所では責任を負うことはできません。
適切な手続き・処理のためには、当事務所までご相談いただければ幸いです。


関連記事

Translate »