高度専門職外国人に雇用される家事使用人(メイド)のためのビザ(特定活動告示2号の2)

高度専門職外国人に雇用される家事使用人(メイド)(2号の2)

在留資格「高度専門職」を有する外国人に対しては「特定活動告示2号」でも家事使用人(メイド)の雇用が認められていますが、それとは別に、「特定活動告示2号の2」によっても雇用が認められます。

「2号の2」の対象は「高度専門職」を有する外国人に雇用される家事使用人に限られます。

「2号の2」の許可要件

  • 他に家事使用人を雇用していないこと
  • 世帯年収が1000万円以上であること
  • 雇用主の使う言語での日常会話ができること
  • 個人的使用人として使用されること
  • 18歳以上であること
  • 既に1年以上雇用されていたこと
  • 雇用主とともに日本に転居すること
  • 報酬が月額20万円以上であること
  • 家事に従事すること

「2号」との許可要件の違い

「2号」で許可される家事使用人については、雇用主に小さな子どもがいたり、配偶者が病気等により家事ができない等の家庭の事情によるものです。
しかし、「2号の2」はそのような家庭の事情は関係ありません。

但し、「2号の2」の家事使用人については高度専門職外国人が入国する以前から使用され、高度専門職外国人が新規に日本へ入国するのと同時に来日することが必要となります。

ただし、「2号」、「2号の2」でも他に家事使用人を雇用している場合は要件を満たさないのは共通しています。

「2号の2」の申請方法

2号の2は高度専門外国が入国するのと同時に帯同されることが要件となっているため、既に日本にいる外国人が行う「在留資格変更許可申請」では許可されず、「在留資格認定証明書交付申請」によることが必要になります。

 

 

 

執筆者

特定行政書士、張国際法務行政書士事務所代表
1979年(昭和54年)生、東京都渋谷区出身。10代後半は南米のアルゼンチンに単身在住。
帰国後は在住外国人を支援するNPO団体にて通訳・翻訳コーディネーター&スペイン語通訳として勤務。
ビザに限らず広く外国人に関わる相談をライフワークとしています。
詳細なプロフィールはこちらをご参照ください。

お気軽にご相談ください!

簡単なご相談・費用のお見積りは無料です。些細なことでも分からない事、ご不明な点があれば、お気軽にメール又はお電話にてお問い合わせください。

メール:こちらの問い合わせフォームよりお問い合わせください。
電 話: 050-5806-9030(不在時は担当行政書士 張 正翼 080-7026-9030 より折り返します。)
面 談:面談でのご相談は有償(1時間/5,400円)にて承っております。
面談による相談をご希望のお客様は当事務所(中野)までお越しいただくか、

または、出張相談をご希望の方は、
・相談用会議室(東新宿・池袋。相談料のみ、出張料無料)
・その他ご自宅、勤務先、駅前喫茶店・貸会議室等のご指定の場所(相談料(1時間/5,400円)+出張料(往復交通費実費+当事務所から移動30分単位ごとに500円)がかかります)
にてご対応いたします。詳細は上記メール、又はお電話にてお問合せください。

※お急ぎの場合は有料の面談による相談(1時間/5,400円)、またはメールによる相談(1往復/5,400円)をご利用ください。

【免責事項】
本サイト掲載の記事の内容については誤りがないよう細心の注意を払っておりますが、本サイト掲載の記事に基づきご自身でなされた行為およびその結果については当事務所では責任を負うことはできません。
適切な手続き・処理のためには、当事務所までご相談いただければ幸いです。


関連記事

Translate »