外国人登録原票の開示請求について

外国人登録原票とは?

戦後、1947年公布の外国人登録法(当時は勅令)により、日本にいる外国人の登録は、日本人により構成される住民基本台帳とは別に、外国人登録原票により各市区町村で区別して管理されてきました。

これまで、日本にいる外国人が銀行口座を開設したり、役所の手続きをしたりする場合、その人の住所や親族関係などを証明する書類として、この外国人登録原票を写した「記載事項証明書」という書類で行ってきました。

しかし、2012年7月にさらなる管理の強化を図るため、入管法&住民基本台帳法を改正し、またそれに伴う外国人登録法の廃止により、それまで各市区町村の役所で管理されていた外国人登録原票は法務省入国管理局にて管理保管されることになりました。

これにより、2012年7月以降の住所の変遷などは日本人と同様に、住民票でできる事になりましたが、それ以前の情報や新しい制度で削除されてしまった項目については確認、証明する手段がなくなってしまいました。

このため、過去の情報を知りたい場合は、「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に基づき、法務省へ移管された外国人登録原票について開示の請求をしなくてはいけません。

開示請求の方法

請求窓口は法務省大臣官房秘書課個人情報保護係です。 窓口での請求、郵送での請求が可能です。 外国人登録原票に関わる開示請求について(法務省)

死亡した人の情報を請求する場合

請求窓口は法務省入国管理局出入国情報開示係です。 死亡当時の配偶者(内縁・事実婚含む)の方、死亡した人の両親、子ども、同居していたその他親族、に限られます。 原則として郵送での請求になります。 死亡した外国人に関わる外国人登録原票の交付請求について 法務省

当事務所でできる事

当事務所にご依頼いただければ、請求書の記載方法などはもちろん、ご必要があれば相続や帰化などの手続きをするのお手伝い、アドバイスもいたします。 お見積もり・ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

執筆者

特定行政書士、張国際法務行政書士事務所代表
1979年(昭和54年)生、東京都渋谷区出身。10代後半は南米のアルゼンチンに単身在住。
帰国後は在住外国人を支援するNPO団体にて通訳・翻訳コーディネーター&スペイン語通訳として勤務。
ビザに限らず広く外国人に関わる相談をライフワークとしています。
詳細なプロフィールはこちらをご参照ください。

お気軽にご相談ください!

簡単なご相談・費用のお見積りは無料です。些細なことでも分からない事、ご不明な点があれば、お気軽にメール又はお電話にてお問い合わせください。

メール:下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
電 話: 050-5806-9030(不在時は担当行政書士 張 正翼 080-7026-9030 より折り返します。)
面 談:面談でのご相談は有償(1時間/5,400円)にて承っております。
面談による相談をご希望のお客様は当事務所(中野)までお越しいただくか、出張相談をご希望の方は、
・相談用会議室(東新宿・池袋。相談料のみ、出張料無料)
・その他ご自宅、勤務先、駅前喫茶店・貸会議室等のご指定の場所(相談料(1時間/5,400円)+出張料(往復交通費実費+当事務所から移動30分単位ごとに500円)がかかります)
にてご対応いたします。詳細は上記メール、又はお電話にてお問合せください。

※お急ぎの場合は有料の面談による相談(1時間/5,400円)、またはメールによる相談(1往復/5,400円)をご利用ください。

【免責事項】
本サイト掲載の記事の内容については誤りがないよう細心の注意を払っておりますが、本サイト掲載の記事に基づきご自身でなされた行為およびその結果については当事務所では責任を負うことはできません。
適切な手続き・処理のためには、当事務所までご相談いただければ幸いです。


お問い合わせフォーム


関連記事

Translate »